【ぷにぷに】QRコードをiPhoneで読み込む方法3つのポイント!※注意点あり

【ぷにぷに】QRコードをiPhoneで読み込む方法3つのポイント!※注意点あり
Pocket

妖怪ウォッチぷにぷにでも人気玩具の1つである妖怪メダル。

そんな妖怪メダルですが、裏面にあるQRコードを妖怪ウォッチぷにぷにで登録すると『ゲーム内で特典』を受け取れることをご存知でしょうか?

この記事では妖怪メダルのQRコードのiPhoneでの読み取り方法、アプリへの登録方法を紹介していきます。

実際にiPhoneから妖怪メダルを読み取ろうとすると、かなりカメラのピント合わせがシビアだったり、登録するサイトもわかりにくいのでぜひ参考にしてみてください!

>>妖怪ウォッチぷにぷにでYマネーを無料でゲットする方法<<

QRの読み込み、失敗してる?

 

妖怪メダルをゲットして、いざQRコードを読み込もうとやってみても、読み込みが上手くいかない場合ってありませんか?

私の妖怪メダルもありました。

QRコードの周りがピンク紙になっているメダルなんかの報告もあったりします。

諦めてしまうことも多いようですが、これはカメラの写りの良さなのかもしれません。

しっかりとピントを合わせて再撮影をしてみましょう!

それでもだめなら、以下の方法でもう一度試してみてください!

 

妖怪メダルを登録すると何がもらえる?

妖怪メダルの登録が成功するとメダルポイントや一部のメダルでは特別な特典も用意されています。

 

まずは妖怪メダルを登録するためのサイトにアクセスします。

https://yokai-punipuni.jp/medal/index.nhn

iPhoneの標準ブラウザであるSafariから登録サイトを表示すればOKです。

このサイトには

  • Chrome
  • Firefox
  • Opera

以外のブラウザには対応していないという注意書きがありますが、iOS版Safariからでも登録できますのでご安心を。

注意点としては、iOS8以上でないとメダル登録ができないので、iOSのバージョンを確認しておきましょう!

 

キャラクターコードの入力

【ぷにぷに】QRコードをiPhoneで読み込む方法3つのポイント!※注意点あり

 

妖怪メダル登録サイトではまず、キャラクターコードを入力します。

キャラクターコードとは、妖怪ウォッチぷにぷにのプロフィール画面に表示されている8ケタの英数字のことです。

 

 

キャラクターコードを入力したら、手元に妖怪メダルを用意して、『妖怪メダルの登録』ボタンを押します。

 

写真またはビデをを撮るを選択

次に『写真またはビデオを撮る』を選択します。

 

『OK』を選択

「Safariがカメラへのアクセスを求めています」というダイアログが出るので、『OK』を押します。

 

写真を使用

【ぷにぷに】QRコードをiPhoneで読み込む方法3つのポイント!※注意点あり

カメラで撮影するモードになったら、妖怪メダルの裏側のQRコードがしっかり写るようにピントを合わせて、パシャリと撮影ボタンを押します。

QRコードを自動で読み取ってくれるわけではないので注意!

写真を撮ったら、そのまま『写真を使用』を押します。

 

 

メダルがきちんと読み込めたら、以下のような画面になります。

 

これで、妖怪メダルを登録することができました!登録したメダルは妖怪ウォッチぷにぷに内で確認できます!

 

 

アプリ内から読み取り(Androidのみ)

Androidの場合には、妖怪ウォッチぷにぷにアプリ内から妖怪メダルのQRコードを読み取り登録することが可能です。

まずはメニューから妖怪メダルを選択。

メニュー

 

妖怪メダルメニューからQRコードよみとりを選択。

QRコード読み取り

 

カメラを使ってQRコードを読み取りましょう

QRコード

 

QRコード登録の注意点

 

QRコードは使用回数は?

 

QRコードが使用できるのは、1つのQRにつき1度だけです。

他のアカウントや、他のセーブデータでも使用できなくなります。

家族などで妖怪メダルを使う場合には誰が登録するかよく相談して決めましょう!

 

ダブったQRコードは登録可能?

同じ種類の妖怪メダルは1つのセーブデータで2枚以上登録することができません。

ダブってしまった場合に登録できるのは1枚だけです。

同じ妖怪のメダルであってもメダルの種類(絵柄)が異なる場合にはそれぞれ登録することができます。

 

何枚か妖怪メダルを読み込んでみたときのコツは以下です。

  1. QRコードにしっかりピントを合わせる
  2. 電気の光やiPhoneの影が写り込まないような場所で撮影する
  3. カメラからメダルまでの距離が8cm程度だと読み取りやすい
  4. 同じメダルで何度か失敗したら別のメダルで試してみる

撮影する環境によっては読み取り失敗ばかりでなかなかうまくいかないことがあるので、ちょっと撮影場所を変えてみるとか、別のメダルで試してみるとかするとすんなりいく場合があります。

電気の光がテーブルに反射していたのが原因でなかなかうまく読み取れなくて、別のテーブルの上でやってみたら成功した事例もあります。

iPhoneからのメダル読み取りがうまくいかない方は、上記のポイントをチェックしてみてくださいね♪

 

関連記事はこちら

>>妖怪ウォッチぷにぷにでYマネーを無料でゲットする方法<<

Pocket